大型トラックの買取!荷台の違い

田舎から都会へ引っ越すことが決まり、今まで使用していた身の回りの品を処分することにしました。大型のトラックと軽自動車を使用していましたが、トラック買取を利用することにしました。

業務で使用していたトラックなので荷台が頑丈でしたが、定期的なメンテナンスを心がけていませんでしたので、サビが多く発生していました。車検はクリアしており、タイヤのチェックは日々欠かせない作業にしていましたが、荷台に関しては使用頻度が高いのと、機能性を重視していたため、塗装が多少落ちてしまっていても気にしないで使用していました。荷

台の種類は、平ボディに該当します。平ボディは、屋根や壁がありませんので、大きなサイズや長いサイズの物を搭載させるときに、融通が利く利点があります。トラック買取では、塗装の擦れやサビが気になりましたが、大型の平ボディで正常に機能する点が評価されました。

ロープを引っ掛けられるようになっていた点は高評価でしたが、プロの目からは酷使されすぎているわりにメンテナンスが怠慢だったのではないかと指摘を受けました。引越しが決まらなければ手放す予定がなかっただけに、自分の都合だけで使用していたことが反省点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です